ネコと暮らす二世帯のハコ

施主さんとはセミナーに参加して頂いたのが出会いのきっかけでした。いま置かれている住宅事情、性能を重視する家の必要性を、丁寧にお話させて頂き、迷わず決断して下さいました。 30代夫婦が建てた2世帯住宅は、地域の環境を汲み取り、気密性がある設計。おかげで年中快適な温度に保たれ、家計に優しい家になっています。見学会をさせて頂いた時に、来場されたみなさんがその暖かさにびっくりされていたのも確か。その上考え抜かれた無駄のない間取りは、広く感じるだけでなく収納数もしっかり確保されています。見た目だけではない、住む人がとことん快適な家。それは思いやりに繋がるアオイノハコの家です。

ジョリパッドとガルバニウム2種類の異なるテクスチャーの外壁を使った外観。

共有玄関は格子状の目隠しで明るすぎない落ち着いた印象。

二階、子供家族が使用する洗面化粧台。鏡を横長、壁一面に設置し二人並んでも十分な広さを確保。

親夫婦が使う洗面所は収納量を確保し、使い勝手の良い空間に。

カラフルな木のクロスがかわいいロフト。

階、親夫婦が使う対面キッチン。スにリビングからもスッキリライド扉で隠す収納棚

施主
家族構成夫婦+子ども1人+祖父母+ネコ1匹
建てた年齢30代
延べ床面積123.07㎡
市町村愛知県一宮市
その他