杉板本実枠コンクリート工法

2020年02月21日 aoinohako

こんにちは!

現在、進行中に中村区のプロジェクトですが、
隣地との境界の塀の施工に入りました!

今回の塀は、杉板を型枠として使用し木目模様が
モルタルに転写するような仕様となっております。

コンクリートの表面に木目をつける工法を
一般的には「杉板本実枠コンクリート工法」と言います!

現在、型枠として使用されているのはコンパネ(コンクリートパネル)
という合板を使用していますが、無かった時代は実板を継ぎ合わせて
、コンクリートを固めていたそうです。

杉の板を流用できなかったり、手間と技術が多くかかってしまったり、
コストは通常のコンクリートより上がりますが、
味気ないコンクリートが風情ある味わい深いコンクリートと変わります。

中村区のプロジェクトでは、塀とガレージをこの仕様にしております。
今は、塀の型枠にコンクリートを流し込んでいる状態ですが、
型枠を外して仕上がりを見るのが今から楽しみです!