家庭で楽しむ菜園生活のハコ

街中にある敷地28坪の小さなキッチンガーデンのあるハコ。ファミベジライフのプランキーワード「食べる・育てる・調べる」をベースに空間づくりをしています。「食べる」子供たちと一緒に収穫した野菜で料理を楽しむキッチンはL型のオープンキッチン、リビングやキッチンガーデンが見渡せる場所、会話を楽しみながら家事もスムーズにこなせる動線計画です。「育てる」小さなキッチンガーデンは、リビングに陽の光と風を取り入れるライトコートの役割と、リビングへ大きな窓を通して緑を感じられるゆとりをプラスしてくれる空間です。「調べる」階段吹抜けからダイニングへつながる2階のライブラリーコーナーは、興味あることを調べたりするワークスペース、家族の共有の本やモノを楽しくディスプレイしながら収納できるスペースです。小さな箱を最大限に大きく感じられる工夫がある狭小住宅です。

白を基調とした外壁を用いて、さわやかで明るい印象の外観に。

リビングを見渡せる使い勝手の良いL型キッチン。

採光を考慮した窓から入る光で日中は電気をつけなくても明るいリビング。

広々としたLDKは家族のあつまる空間に。

家族のライブラリーを廊下に設けて家族の共有スペースに。

ロフトにつながるシンメトリーのハシゴはどっちが早く登れるか競争できます。

施主
家族構成夫婦+子ども3人
建てた年齢30代
延べ床面積136.60㎡
市町村愛知県名古屋市
その他